TOPICS
トピックス

失敗しないホームページ制作会社の選び方

2022.06.01

▼執筆者について

10年以上Web業界に身を置き、業種業態問わず、大手・中小企業・官公庁のホームページを制作してきました。
見積もり相談対応件数は、簡単なものも含めると1000件以上になるかと思います。

制作会社の選定は非常に難しく、支援先やパートナーのコンサルティング会社さんなどからもよくご相談いただきます。
ここでは失敗する可能性が高い要因をまとめて更新していきますので、これから作る方や過去失敗した方の参考になれば幸いです。

ホームページ制作の失敗と成功について考える

ホームページ制作相談の際にお客様からは、「失敗した」「騙された」「納期が守られない」「デザインがいまいち」「集客できない」「最終的に予算をオーバーした」「管理費が高い」などネガティブワードがよく出てきました。

お客様ごとの成功を制作前にしっかり定義して制作会社と共通認識とすることが大切です。

ホームページは目的ごとに種類が異なる

ホームページには、ポータルサイト、ブランドサイト、コーポレートサイト、マーケティングサイト、ECサイト(通販)、採用サイト など役割別で種類が存在します。経験上、それぞれに制作ポイントが存在し、進行中に工夫することで失敗しないホームページ制作となります。

契約担当のスキル・知識・経験を確認する(最重要です!)

ホームページ制作の流れは、設計→お見積もり→契約→制作→管理・メンテナンスです。

一番失敗したと聞くケースが、流れの前半にある『設計』と『お見積もり』で話す担当者がホームページ制作に関連するスキルに乏しい営業マンが担当するケースです。

デザインや構築などの土台となるスキルを有している担当だとメンテナンス性に優れた無駄のない構造設計が出来るかが変わってきます。
担当者がスキルを有している安心感を他業界で例えると、注文住宅を建てる際に、設計士と契約ができるイメージです。

担当が営業マンだと、競合他社を表層で真似する不適切な設計となり、都度発生する追加改修に倍以上の作業費が必要な場合があります。
また深く設計していないため、契約当初に約束したことが実は技術的に難しくて反映されていないということに繋がります。

特に注意したいのがこの業界で営業マンは自身を「営業」とは名乗っていません。
『Webコンサルタント』『Webディレクター』『○○アナリスト』『○○プランナー』などを名乗ります。
担当の保有スキルや経歴の確認は必ず行ってください。

営業マンと見抜くのは難しいのですが、相談した際に「制作に確認します」と時間がかかったり、過去の事例しか紹介できない担当は警戒してください。
あと営業マンはスーツを好んで着用している傾向があります。優秀なIT人材はスーツを嫌うので強要する会社に残りません。

ホームページ制作において営業マンの存在は、お客様にとって一番不要なコストと覚えておいてください。
この業界のスキル保有者は話すのが苦手な方が多いですが、話しやすいからといって平気でオーバートークする営業マンには騙されないように気をつけましょう。

ホームページ制作会社の組織構造を確認する

契約するホームページ制作会社の部署や課が”営業”と”制作”の部署に分かれており、評価制度が定量(粗利・数字)重視の場合気をつけてください。

この場合、お客様の温度感と制作担当との温度感・熱意が乖離してトラブルになります。

例えば、お客様が100万円でホームページ制作を依頼した場合、営業部署が7割以上近くを中抜きし、制作の部署が3割しかないということになります。そうなると制作の部署には30万円しか入らないので、納品優先の手抜き対応となりトラブルとなります。
そして仕組みとして会社からも評価されないので優秀なIT人材は会社を去ります。

実際にこのような会社は存在し、歴史のある会社や人数が多い会社に多いので気をつけてください。

経営陣(代表取締役・取締役)が技術者出身か確認する

環境・制度を作る経営陣がIT知識に乏しいと、IT人材が本当に働きやすい環境を作れることができず会社に残ってくれません。
ホームページ制作は会社名ではなく、優秀なIT人材が担当してくれるかが成功の鍵になります。

制作担当の経験を確認する

本当に質の高いホームページ制作を行うには、担当者に以下4軸が高いレベルで必要になると断言できます。
・Webデザインスキル
・システム構築知見
・Webマーケティング知識(SEO含む)
・コミュニケーション能力

新卒教育経験もありますが、高品質なものを提供できるレベルに育てるには最低3年以上は実務経験が必要です。
担当が経験3年以下の場合は、あなたのホームページ制作の一部は研修材料にされてますので、新人や新卒採用している会社には気をつけてください。

他にもお伝えたいこともあるのでまた更新していきます。

「ホームページ制作で失敗したくない」方はお気軽にご相談ください。
首都圏を中心に全国まで対応しております。

>ご相談・お問い合わせはコチラ

その他の記事

採用サイト制作ツールCAIKA(カイカ)が好評です

ホームページ制作ツールCAIKA (カイカ)のリクルートプランは革新的なプレビュー編集で即日公開を実現し、求職者が見たいコンテンツも標準搭載!初期費用なし…

失敗しないホームページ制作会社の選び方

【2024年1月更新】リモートワーク継続実施中です

株式会社リブラでは、新型コロナウイルスへの感染リスクの軽減と安全確保のために、テレワーク(在宅勤務)を実施中です。 大変ご迷惑をお掛けいたしま…

ホームページ制作ツールのCAIKA(カイカ)をご紹介

ホームページ制作ツールのCAIKA(カイカ)は誰でも簡単に無料でホームページを制作できることを目的として開発されたツールです。創業・起業時のお金や時間がな…